パワハラをする人の精神構造は!??

今の自分に満足していない人に、
望む未来と行動の地図を!
マインドマップメンタルコーチの矢嶋美由希です♪

自己肯定感が低い、
セルフイメージが低い、
自己評価が低い、
自己重要感が低い、

色々な表現をされますが、どれも同じ状態を示します。

自分自身に自信が持ちきれない状態です。

能力の高低は関係ありません。
学歴が高くても、自己評価の低い人はいますし、
収入が十分と言えなくても、自己肯定感の高い人もいます。

わかりやすく言うと、自己評価の低い人の考える世界は…
不安と恐怖から出来ています。

何かが完璧に出来ないと、叱責される!
バカにされる!
見下される!
用無しだとみなされる。

その評価が事実かどうか?
を冷静に判断するよりも、
漠然とした不安に包まれています。

そういう人が職場の中に存在すると、
どうなるのか?

恐怖や不安に基づいた行動をします。

部下の失敗は、自分の指導が悪かったと言われる!
など、部下への評価と自分の評価が過剰に一体化してしまう。

指導ではなく、ただの命令!
教育という視点がないので、
脅迫めいた命令をすれば、どうにかするんじゃないか?
という勘違い。

出来る人、わかる人に依頼するということは考えません。
「教えられないの?」
と見下されると思い込んでいるから。

乱暴にまとめてしまえば、
精神的に未熟なのです。

自分と部下…
自分と仕事の評価…
自分と指導力…

こういうものが、一体化してしまっている。
そして、評価がネガティブに偏る。

冒頭に書いたように、
不安や恐怖がベースになっているからです。

同僚にだったら、マウンティングをしたり…
ジェラシーから不愉快な言動をしたり、
足を引っ張ったりします。

アドバイスやフィードバックも、
否定的に解釈されてしまいます。

ただ…
日本人は自己肯定感が低い人が多いのです。

そういう人が集まると、
よりそういった雰囲気になります。

困ったものです。

こういった場合には…
自己肯定感の高い人にリーダーシップを発揮してもらって、
全体の底上げをしていく。

事実と解釈をきちんと分けて考えられるようにする。

パワハラの傾向が見られたら、
それをきちんと伝える。

などの対策が考えられます。

もちろん、個人としても…
自己肯定感の高い人との関わりを増やして、
セルフイメージを高めていく。
というのは必要。

セルフイメージが低ければ、
パワハラを受け続けるのではなく、
回避することが出来ますからね。

自己評価が低いが故に、
相手の言い分を受け入れてしまって、
パワハラを増長してしまう…!
ということもあります。

相談するにしても、
きちんとセルフイメージの高い人に相談したいものです。

そうしないと…
とんでもないアドバイスになりますからね。

嫌なことは、嫌だと言い…
ダメなことは、ダメだと言えるしなやかさを
持つために、
まずはセルフイメージを上げていきましょう!

株式会社Re Prism オフィシャルサイトができました!
↓↓↓
<a href=”http://www.reprism.co.jp” target=”_blank” title=”株式会社Re Prism オフィシャルサイト”>株式会社Re Prism オフィサルサイト</a>
↑↑↑
↓↓↓
<a href=”http://mindmap-coaching.jp/wp/index.php/uservoice/” target=”_blank” title=”お客様の声”>お客様の声</a>
↑↑↑
トップページからメルマガ登録出来ます!
メンタルトレーニングに関するお話を8話、
継続的にお伝えしています。
↓↓↓
<a href=”http://mindmap-coaching.jp/wp/” target=”_blank” title=”オフィシャルサイト”>オフィシャルサイト</a>
↑↑↑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です